たくさん食べよう!沖縄ならではの食べ物とは

沖縄そばの一種:宮古そば

沖縄と聞けば沖縄そばのイメージが湧く人も多いでしょうが、宮古そばというものがあるのをご存知でしょうか。宮古そばは、沖縄そばの一種ですが、主に宮古列島で食べられています。沖縄そばと同じく、麺にそば粉は使われておらず、もちもちした細く縮れのない平麺です。スープも、全部飲み干せてしまうほどあっさりしています。具は、三枚肉とかまぼこのみと、非常にシンプル。昔は麺の下にこれらの具が隠れており、一見すると麺とスープと刻みネギしか見えないようになっていました。具が乾くのを防ぐためや、年貢の取り立てに対抗するために貧しく見せるためなど、理由はいくつかあるそうですが、最近は沖縄そばと同じように麺の上に具をのせるようになっています。

普通のおでんとは少し違う:沖縄おでん

気温が高い沖縄でおでんとは意外に思う人もいると思いますが、沖縄では定番のメニューなんです。その沖縄おでんの主役は、「テビチ」と呼ばれる豚足です。具として身を食べるだけでなく、煮込んで出汁にもします。これ以外にも沖縄おでんには豚肉が入っていることが多く、ソーセージが入っていることもあれば、「ソーキ」と呼ばれるあばら肉が入っていることもあります。また、沖縄おでんには葉野菜がたくさん入っているんです。普通のおでんに葉野菜を入れることは少ないですよね。しかし、沖縄では他の具を煮込んだ後、最後に小松菜、レタス、ホウレンソウなどを入れて食べます。彩りも綺麗になり栄養もとれるため、まさに一石二鳥ですね。ちなみに、豚肉と葉野菜以外は普通のおでんと同じ具が入っています。

人気のある竹富島のツアーには水牛車観光があり、集落内を説明を聞きながらゆっくりと巡るコースが人気となっています。