沖縄旅行を楽しもう!宮古島での過ごし方について

橋を徒歩・自転車で渡る

宮古島市は、空港があって面積が大きい「宮古島」という本島と、周囲の離島にて成り立っています。そして、例えば石垣島に関しては竹富島など付近の離島に行くのに船を利用する必要があるのに対して、宮古島の場合は本島と各離島が長い橋にて繋がっています。その上、橋の上を車しか通れないわけではなく、道路脇の道を歩きや自転車で渡ることが出来ます。そのため、橋の中間までいくと360度海に囲まれた状態になりますので、そんな場所で記念にSNS映えするような写真・映像を撮ってみたりするのがまずおすすめです。また、運動目的もあって宮古島に来た場合は橋の上をジョギングすることも良いですし、歩いて橋まで行くのが面倒な場合はレンタルサイクルで自転車を借りて橋を渡ることも出来ます。

海にあまり興味がない場合は

宮古島と言えば海がきれいな離島ですが、あまり海に興味はなく冬に寒さをしのぐために旅行に来たような場合でも様々な楽しみ方があります。まず、グルメ関連で言うと宮古島には宮古牛・宮古そばなど、宮古という名前がつくご当地食材・グルメが色々あるほか、マンゴー・もずく酢・海ぶどうなど美味しくてヘルシーな食べ物があります。そのため、様々な美味しいものを食べに来るだけでも高い価値がある島です。また、発達が進んでいない離島とは違い、宮古島中心部は実は全国展開している様々な業種の「宮古島支店」が存在します。そして、大通り沿いは本州の大通り沿いとあまり変わらぬ風景で利便性も高いため、冬に別荘的に滞在して便利な日常生活をおくるにも適した島と言えます。

西表島のツアーにはマングローブの川でのカヌーやジャングルトレッキング、水牛車に乗って西表島から由布島へ行くツアーなどがあります。